Tuesday, November 30, 2021

シアトルの晩秋  記憶は脳のなかになく、エーテルのなかに保存される。Memories are stored in ether, not in the brain.



記憶 記憶は脳のなかになく、エーテルのなかに保存される。自己の精神をつぶさに観察し反省する習慣を身につけた者は、こうしたマイヤーズ霊の示唆にむしろ同意するのではなかろうか。御承知のように類似の観点がベルグソンの『物質と記憶』(" Essai sur les données immédiates de la Conscience " 1889)のなかに述べられている。

われわれは少なくともイメージの現われたり消えたりするところまでは自己観察できるわけであって、そうした出現と消滅の過程を眺める限り、マイヤーズ霊の霊界からの指摘に格別な違和感を持たないように思える。記憶がエーテル体の中に保存される様をマイヤーズは次のように述べている。

 あなた方のまわりに巨大な蜘蛛の巣があると想像せよ、この蜘蛛の巣の糸が記憶ないし、想念を、あたかも電線が電信を送るように脳髄に運ぶ。というよりむしろ、精妙体の援助で幽的流動体の上に刻印されたイメージの信号を脳に送るといった方がよい。(『不滅への道』一三二頁) 

 また同じ「記憶」の章のところで、イメージを思い出すためには「適切な努力をもって幽糸とイメージを引き寄せ」ることが必要だと述べられている。


*この章でトム・ジョーンズの名前の想起に関して記されたところは、書記の一部が抜け落ちているのか、マイヤーズのいう通訳上の間違いがあるためか、文意がよく伝わらない。

そのまま受け取ると、イメージの想起に関してそのつど幽的流動体に新たな刻印がなされるような印象を受ける。しかしイメージは記憶段階で既に幽的流動体の上に刻印されている筈である。従って記憶の際のことが混同されているような感じもする。

また精妙体(といっても身体のことではなく、訳語の「体」は物体などのときの「体」のつもりである。精妙質と言った方がよいかもしれない)の働きについてもよく分からない。精妙なエーテル質(エーテルにも何段階かあるらしい)に記憶されたイメージが幽的流動体のところにやってくるというようにも考えられる。大事な点であるが保留にせざるをえない。

また言語の記憶される場所および言語とイメージの関係づけられる場所についても述べられていないが、これはやはり幽的流動体のなかと考えてよいであろう。

 冥府において地上記憶はすべて再現され、魂はそこを通り過ぎるあいだに記憶による自己の生涯の点検をする。これがいわゆる閻魔庁の鏡にあたるのであろう。マイヤーズは長い画廊のイメージでこれを語っている。

 幻想界では地上記憶が魂の環境の大部分を構成している。幻想界は地上経験による魂の欲求不満をとりあえず満たす場所であるらしい。冥府と共に一種の補正期間の役割をしているようである。この段階では魂は類魂の大記憶とは殆ど接触がない。魂はまだ類魂の目的とするところにも気づかずにいる。


*幻想界は全体が一種の睡眠期と名づけてよいのかもしれない。冥府が概して地上記憶からの「苦」を受け取る場所とすれば、幻想界は地上記憶から「快」を受け取る場所ともいえよう。

しかしオリバー・ロッジが「まだほかにも進歩の低い段階の人や、よからぬ考えを持った人の行くべき所があるのであるが・・・・・・」というように、マイヤーズの伝える冥府と幻想界のあいだに幻想界下部ともいうべき所が(他の霊界通信を参照すれば)あるとも思われる。

 色彩界はまず地上記憶の破壊、ついでエーテル界における形態の再創造、そして創造物の形態の理想化の時期である。魂は類魂のそれを意識してその存在の意図を漠然とながら悟るとともに、類魂の記憶である大記憶に次第に近づき、魂は時々この大記憶のなかに入って他の類魂の仲間の記憶を学習する。

魂の進歩にとって直接関係のない記憶はすべて類魂の記憶のなかに預けられてしまっている。そのため、この界の魂が地上と通信するときは、大記憶の中に自己の記憶を取り戻しにいくという。


 *この大記憶のなかに入るときは───地上に通信するときもそうだが───魂は地上にあるときの催眠状態にも似たマイヤーズの名付ける主観状態(第一、睡眠状態、第二、主観状態、第三、通常意識───前掲書一六六頁)で行くというが、このことは重要である。

こうした意識の変容状態は地上におけるような例外的な状態ではなく、高次世界の魂の生活にとっては必須のものだということになる。魂と魂が同一化する際の必要技能といってもよかろう。

私自身審神者として交霊に立ち会うときの経験からいえば、霊媒に憑かる霊がこうした催眠に似た状態にあり、現界の人の指示に従いやすい状態であることをしばしば観察している。

 第五界には大記憶がある。他界の魂ばかりではなく地上の人も例の特殊な意識状態で魂の記憶のなかに入ってゆくことがありうる。交霊のときに出現した霊の記憶を探るのがしばしば霊媒の方の役目であるというのも面白い。心霊研究者の推測と一致するからである。


霊媒は参会者の記憶の中からも霊の過去についての資料を探り出すという。この辺も研究者の知っておくべき点である。高次の霊が未来について一度考えたこともまた類魂の大記憶のなかに保存されている。地上の能力者がこれを読み取れば未来予知も可能なことになる。

 第六界以上の記憶については書き記すこともあまりない。第四界にいるというマイヤーズ霊の記述も第六界以上のことについては漠然としている。

 形態
  肉体には複体(エーテル体、統一体、幽的流動体などと呼ばれる)が重なり合い、浸透しあって存在している。肉体は物質界における魂の形態的表現であり、複体は魂と肉体の媒体として存在し、相互の連関を可能ならしめる。また物質である肉体に全体的な統一を与えているのはこの複体である。

複体は霊的世界から生命素の供給を受けており、これの供給が絶たれると人間は死ななければならない。また複体は類魂からの高次の意志や、マイヤーズによって「反射」と呼ばれている指示や示唆を受け取っており、これを複体流のイメージに翻訳、翻案、時としては変形する。



Memory
Memories are stored in ether, not in the brain. Those who have acquired the habit of observing and reflecting on their own spirits may rather agree with these suggestions of the Myers spirit. As you know, a similar point of view is described in Bergson's "Materials and Memories" ("Essai sur les données immédiates de la Conscience" 1889).


We can observe ourselves, at least to the point where the image appears and disappears, and as far as we can see the process of its appearance and disappearance, it seems that there is no particular discomfort in the indications from the spirit world of the Myers spirit. Myers states that the memory is preserved in the etheric body:


Imagine that there is a huge spider web around you, I don't remember the thread of this spider web, and I carry my thoughts to my brain as if an electric wire sends a telegraph. Rather, it is better to send the signal of the image imprinted on the ghost fluid to the brain with the help of the subtle body. ("The Road to Immortality", p. 132)


Also, in the same "Memory" chapter, it is stated that in order to remember the image, it is necessary to "attract the ghost thread and the image with appropriate efforts".




* The part of the secretary's recollection of Tom Jones's name in this chapter is not well understood, perhaps because of a mistake in the interpretation of Myers.


If you receive it as it is, you will get the impression that a new engraving will be made on the mysterious fluid each time regarding the recall of the image. However, the image should have already been imprinted on the mysterious fluid at the memory stage. Therefore, I feel that things in memory are confused.


Also, the function of the delicate body (although it is not the body, but the translated word "body" is meant to be the "body" when it is an object, etc., may be better called delicate quality). I do not understand. It is also conceivable that the image memorized in the delicate ether (it seems that there are several stages in ether) comes to the mysterious fluid. It's an important point, but I have to put it on hold.


Nor is it mentioned where the language is memorized and where the language is associated with the image, but it can still be thought of as a mysterious fluid.


All ground memories are reproduced in the Netherworld, and the soul inspects its own life by memory while passing there. This would be the mirror of the so-called Enma Agency. Myers talks about this in the image of a long gallery.


In the fantasy world, earthly memory constitutes most of the environment of the soul. The fantasy world seems to be a place to satisfy the frustration of the soul due to ground experience for the time being. It seems that it plays a role of a kind of correction period together with the Netherworld. At this stage, the soul has little contact with the great memory of the soul. The soul is still unaware of the purpose of the soul.




* The whole fantasy world may be named as a kind of sleep period. If the underworld is generally the place to receive "pain" from terrestrial memory, the fantasy world can be said to be the place to receive "pleasure" from terrestrial memory.


However, Oliver Lodge says, "There are other places to go for people who are still in the low stage or who have strange ideas ...", the underworld that Myers tells us. It seems that there is a place (referring to other spirit world communications) that can be called the lower part of the fantasy world between the fantasy world.


The color world is the time of the destruction of earthly memory, then the re-creation of form in the ether world, and the idealization of the form of creation. The soul is conscious of that of the soul and vaguely realizes the intention of its existence, and gradually approaches the great memory that is the memory of the soul, and the soul sometimes enters into this great memory and is a companion of other souls. Learn memory.


All memories that are not directly related to the progress of the soul are entrusted to the memories of the souls. Therefore, when the soul of this world communicates with the earth, it is said that it will regain its own memory in the great memory.




* When entering into this great memory ─── as well as when communicating on the ground ─── the soul is a subjective state named by Myers (first, sleep state, first) similar to the hypnotic state when it is on the ground. Second, subjective state, third, normal consciousness ─── Ibid., P. 166), but this is important.


This altered state of consciousness is not an exceptional state as on earth, but is essential for the life of the soul of the higher world. It can be said that it is a necessary skill when the soul and the soul are unified.


From my own experience of witnessing séances, I often observe that spirits possessed by mediums are in a state similar to this hypnosis and are easy to follow the instructions of people in the world.


The fifth world has a great memory. Not only the souls of other worlds but also the people on earth may enter into the memory of the souls in the special state of consciousness. It is also interesting that it is often the role of the medium to explore the memories of the spirits that appeared during the séance. This is because it is consistent with the psychic researcher's guess.




It is said that the spirit medium seeks out materials about the past of the spirit from the memories of the participants. This is also a point that researchers should know. What the higher spirits once thought about the future is also preserved in the great memory of the souls. If a person with the ability on the ground reads this, it will be possible to predict the future.


There is not much to write about the memories of the sixth world and above. The description of the Myers spirit of being in the Fourth World is also vague about things beyond the Sixth World.


Form
Simplicial complexes (called etheric bodies, unified bodies, ghost fluids, etc.) overlap and permeate into the physical body. The body is a morphological expression of the soul in the physical world, and the complex exists as a medium between the soul and the body, enabling mutual connection. It is this complex that gives the physical body, which is a substance, an overall unity.


The complex receives a supply of life elements from the spiritual world, and if this supply is cut off, humans must die. The complex also receives higher wills from the souls and instructions and suggestions called "reflections" by Myers, which are translated, adapted, and sometimes transformed into complex-style images.

Monday, November 29, 2021

シアトルの晩秋 無限というのは文字通り限りがないということです。    Infinity means that there is literally no limit.  




無限というのは文字通り限りがないということです。美にも音楽の粋にも限りというものがありません。霊性が進化するにつれて美の世界、調和の世界のより高度なものが鑑識できるようになります。向上するに従ってより大きな調和の世界が待ち受けていることです。

低い次元にいる者が高い次元のことを鑑識することは出来ません。が、高い次元にいる者が低い次元のことを鑑識することはできます。宇宙の全側面を経綸している摂理は自動的に働きますが、それぞれの次元で作動している摂理は、その次元まで霊性を高めないことには理解できません。

それまでの魂の成長度が、これからの成長を選択する自由を与えてくれます。しかし、その選択をするのはあなたの自我意識であって、それは地上生活にあっては肉体の脳を通して顕現している意識です。ですから、いわゆる人間的煩悩が入り込む可能性もあるわけです。そうした要素の絡み合いの中で刻一刻と自動的に選択がなされているのですが、霊的自覚が芽生えている魂は、さらなる向上を促す道を選択するものです。

このようにして人間は、霊性の進化を通して大自然の摂理・法則を学んで行きます。まず、それまで信じていたものの中で間違っているもの、理性が反発するもの、愛と叡智の権化である宇宙の大霊にそぐわないものを捨て去ります。

新たな知識を取り入れるに先だって、それまでの古い知識を点検しなければなりません。そして自然な思考を妨げるものを全て取り除かないといけません。そこでようやく魂が成長し、新たな知識を取り入れる用意ができたことになります。

このサークルにご出席の皆さんは順調に魂が成長し、大霊の無限の叡智に接する機会が多くなっております。霊的現象を演出するための法則の働きについても学んでおられます。もちろん日常生活における摂理の働きについても学んでおられます。進歩するだけ、それだけ多くの知識を手にすることになります。

皆さんからシルバーバーチと呼ばれているこの私がお届けしている知識は、無限といってよいほどの界層に存在する知識のうちのごく一部にすぎません。皆さんの成長の度合いがこの私の知識では満足しきれないほどになれば、私に代わって一段と高い界層の霊団が、より高度な知識と叡智をお届けすることになるでしょう。

そこには、これでお終いという最後の界層は存在しません。これ以上はないという完全の域は存在しません。あなた方も、そしてこの私も、刻一刻と進化向上しております。そして私より高い界層まで進化している霊から聞いた所によれば、その霊たちの背後にはさらに高級な霊の世界が控えているとのことです。とにかく終着点というものは存在しないのです。もし存在するとしたら、創造進化という宇宙の大原則が崩れてしまいます。

しかし、その全ての段階に大霊の息吹があります。だからこそ物質界の最下等の生命体から聖人君子に至るまで大霊につながっていると言えるのです。聖人だけではありません、いかなる極悪人も、限りなく美しい心の持ち主も、内部に大霊(神性)を宿しているという意味で、兄弟姉妹なのです。全ては摂理で成り立っており、そこから逃れられる者は一人もいません。その意味で全人類がつながった存在なのです。

動物にはそれぞれの種に共通したグループ・スピリットがあります。あなた方一人一人が一匹の猿だったとか魚だったとか小鳥だったというのではなく、そのグループ・スピリットの一部だった時期があるということです。

シルバーバーチ





Infinity means that there is literally no limit. There is no limit to the beauty and the essence of music. As spirituality evolves, you will be able to discern more advanced things in the world of beauty and harmony. A world of greater harmony awaits as we improve.

Those in the lower dimensions cannot discern the higher dimensions. However, those in the higher dimensions can discern the lower dimensions. Providences that go through all aspects of the universe work automatically, but it is incomprehensible that providences that operate in each dimension do not increase spirituality to that dimension.

The growth of the soul up to that point gives you the freedom to choose your future growth. However, it is your self-consciousness that makes that choice, which in earthly life is manifested through the physical brain. Therefore, there is a possibility that so-called human anxieties may enter. The selection is made automatically every moment in the intertwining of such elements, but the soul with budding spiritual awareness chooses the way to promote further improvement.

In this way, human beings learn the providence and laws of nature through the evolution of spirituality. First, throw away the wrong things that you believed in until then, the ones that repel reason, and the ones that do not fit the spirit of the universe, which is the incarnation of love and wisdom.

Before we can take in new knowledge, we have to check the old knowledge. And we have to remove everything that interferes with our natural thinking. At last, the soul has grown and is ready to take in new knowledge.

Everyone who attends this circle is steadily growing their soul and has more opportunities to come into contact with the infinite wisdom of the spirit. You are also learning about the workings of the law to produce spiritual phenomena. Of course, he is also learning about the workings of providence in daily life. The more you progress, the more knowledge you will gain.

This knowledge that I am delivering, called Silver Birch by everyone, is only a small part of the knowledge that exists in the almost infinite plane. If your growth is not satisfactory with this knowledge of mine, a higher level of spiritual corps will deliver more advanced knowledge and wisdom on my behalf.
There is no last plane that ends there. There is no perfection that there is no more. You and I are constantly evolving and improving. And according to what I heard from the spirits that have evolved to higher planes than me, there is an even higher spiritual world behind them. There is no such thing as an end point. If it does exist, the great principle of the universe of creative evolution will be destroyed.
But at every stage there is a breath of spirit. That is why it can be said that everything from the lowest life forms in the physical world to the saint prince is connected to the spirit. Not only saints, but any villain, or an infinitely beautiful heart, are brothers and sisters in the sense that they have a great spirit (divinity) inside. Everything is based on the doctrine, and no one can escape from it. In that sense, all humankind is connected.

Animals have a common group spirit for each species. It's not that each of you was a monkey, a fish, or a little bird, but that there was a time when it was part of that group spirit.

Silver Birch


Friday, November 26, 2021

シアトルの晩秋 私は訴える   I want to appeal

 

アーサー・コナン・ドイル

   コナンドイルの心霊学

 私は訴える
 そこで私が訴えたいのは、何はともあれ、個性の死後存続を証明する霊界通信を読まれることだ。世間一般の人だけでなく、心霊現象の実在を信じている人でも、読まない人が多すぎる。ぜひとも読んで、真理の厳粛さをしみじみ味わっていただきたい。その圧倒的な説得力のある証拠性に触れてみてほしい。現象的なものから手を引いて、ウィリアム・ステッドの『死後──ジュリアからの便り(4)』やステイントン・モーゼスの『霊訓(5)』のような珠玉の霊界通信を読んで、その崇高な教訓を学ばれることだ。

 他にも、価値は劣るが、高度な内容の通信が実に数多く入手されている。そういうものを読まれることによって、視野を広げ、人生観に霊的要素を取り入れてほしい。そして、それを実生活に生かしてほしい。われわれも遅かれ早かれ同じ世界へと進むことになっているということを、信仰や信念としてではなく、今こうして地上に生きているという事実と同じくらい現実味をもった事実として認識してほしいのである。

 そこは、あらゆる〝苦〟から解放された、幸福そのものの世界である。唯一その幸福を妨げるものは、この短い地上生活の中で犯した愚かしい行為と利己的行為である。地上にあっても、死後においても〝無私・無欲〟ということが幸せと向上の基調であるらしいのである。

 ここで改めて指摘しておかねばならないのは、この〝新しい啓示〟は、キリスト教のドグマを頑固に信じている人にとっては破壊的なものとして受け止められても、キリスト教的体制が途方もない巨大な〝虚構〟であることを見抜いている人にとっては、まったく逆の影響を及ぼしているということである。

〝古い啓示〟にも類似したものが数多く見られることは事実である。同じ始源から発しているからである。しかし、それも時の経過とともに損傷が進み、人間の身勝手な誤用と唯物観によって台なしにされていながら、体制としての威力だけは隠然たるものがある。

 今、それと同じ源から発した新しい啓示によって、死後の生活、高級霊の存在、地上における行為を基準とした死後の境遇、苦難による浄化、守護霊並びに指導霊の存在、宇宙の無限なる中心的エネルギーとしての神の存在、その神へ向けての無限に連なる向上進化の道程──こうしたことについての再確認がなされたのである。

 古来、神は人類の意識の進化に応じて、さまざまな形で啓示を垂れてきている。それがキリスト教神学者の無謬性(絶対に間違いがない)と独占権の乱用、偏狭と知ったかぶり、加えて人工の儀式典礼によって肝心の生命が抜き取られたのである。げに、真理を台なしにしたのはキリスト教神学、これ一つに尽きる。

 この小著を終えるに当たって、ぜひとも紹介しておきたい一節がある。これは英国の詩人であり高邁な思想家であったジュエラルド・マッセー氏(6)の『スピリチュアリズムについて』で述べられたもので、その考え方といい文体といい、私は最高の敬意を払うものである。

《私にとってスピリチュアリズムは、他の大勢の方たちと同じように、それまでの狭い精神的地平線を広げて〝天界〟を見せてくれた恩人である。その、信念から事実への見事な凝縮はまさに天啓で、それを知らずに送る人生は、ハッチを密閉してローソク一本の光で送る、暗く窮屈な生活以外の何ものでもない。

 そんな生活の中で、ある星の降るような夜、ふとハッチを開けてデッキに出てみたら、途方もなくでかい天空の大機構が、神の栄光に燦然と輝いていた───その手引きをしてくれたのがスピリチュアリズムだったのである》


Conan Doyle's Psychology

I want to appeal 
Therefore, what I want to appeal to is to read the spirit world communication that proves the survival of individuality after death. There are too many people who do not read, not only the general public but also those who believe in the existence of psychic phenomena. Please read it and enjoy the solemnity of the truth. Please touch the overwhelmingly convincing evidence. Withdrawing from the phenomenal consciousness, reading gems of spiritual communication such as William Stead's "Afterlife: Letters from Julia (4)" and Stainton Moses' "Religion (5)" To learn that noble lesson.

Besides, although the value is inferior, a lot of communication with advanced contents has been obtained. By reading such things, I want you to broaden your horizons and incorporate spiritual elements into your outlook on life. And I want you to make use of it in real life. I want you to recognize that we are going to the same world sooner or later, not as a belief or belief, but as a fact as realistic as the fact that we are now living on earth.

There is a world of happiness itself, freed from all "suffering". The only obstacles to that happiness are the stupid and selfish acts committed in this short earthly life. It seems that "selflessness and selflessness" is the key to happiness and improvement, both on the ground and after death.

It must be pointed out again here that even if this "new revelation" is perceived as destructive to those who stubbornly believe in Christian dogma, the Christian system is tremendous. For those who see it as a huge "fiction", it has the exact opposite effect.

It is true that many similar "old revelations" can be found. This is because it originates from the same source. However, even though it has been damaged over time and has been ruined by human selfish misuse and materialism, only the power of the system is hidden.

Now, with new revelations originating from the same source, life after death, the existence of high-class spirits, post-mortem circumstances based on actions on earth, purification by suffering, the existence of guardian spirits and guiding spirits, the infinite center of the universe. The existence of God as energy and the endless path of improvement and evolution towards that God-reconfirmed this.

Since ancient times, God has been giving revelations in various ways according to the evolution of human consciousness. It was the infallibility of Christian theologians (absolutely no mistake), the abuse of monopoly rights, the pretense that they knew it was narrow, and the artificial liturgy that extracted the essential life. Christian theology is the only thing that has ruined the truth.

At the end of this small book, there is a passage that I definitely want to introduce. This was mentioned in "About Spiritualism" by Jewelerald Massey (6), a British poet and a noble thinker, whose way of thinking and style is what I have the highest respect for. be.

<< For me, spiritualism, like many others, is a benefactor who has widened the narrow spiritual horizon and showed us the "heavenly world". Its brilliant condensation from belief to fact is just a revelation, and life without knowing it is nothing more than a dark and cramped life with a closed hatch and a single candlelight.

In such a life, on a starry night, when I suddenly opened the hatch and went out to the deck, the huge mechanism of the heavens shined brilliantly in the glory of God ─── The guide It was spiritualism that did this. ”

Tuesday, November 23, 2021

シアトルの晩秋 エネルギーとは上層界の意念の作用を人間の心へ反映させていくための媒体 energy here is a medium for reflecting the action of the ideas of the upper world in the human mind.




 1 エネルギーの転換       

 一九一三年十二月二日  火曜日


 今夜はエネルギーの転換に関連した幾つかの問題を取り上げてみましょう。ここでいうエネルギーとは上層界の意念の作用を人間の心へ反映させていくための媒体と理解していただきたい。

吾々が意図することを意念の作用を利用して、いわゆるバイブレーションによって中間界を通過させて地上界へと送り届けるよう鍛錬しているのである。私がエネルギーと呼ぶのはこのバイブレーションの作用のことである。

 さて、こうして地上の用語を使用する以上は、天界の科学を正確に、あるいは十分に表現するには不適当な手段を用いていることになることを理解していただかねばならない。

それ故、当然、その用語の意味を限定する必要が生じる。私がバイブレーションという用語を用いる時は、単なる往復振動のことではなく、時には楕円運動、時には螺旋運動、更にはこれらが絡み合い、それに他の要素が加わったものを意味するものと思われたい。

 この観点からすれば、最近ようやく人間界の科学でも明らかにされ始めたバイブレーションの原子的構造は、太陽系の組織、更には遥か彼方の天体の組織と同一なのである。

太陽をめぐる地球の動きも原子内の素粒子の動きもともにバイブレーションである。

その規模は問わぬ。つまり運動の半径が極微であろうが極大であろうが、本質的には同じものであり、規模において異なるのみである。

 が、エネルギーの転換はいかなる組織にも運動の変化をもたらし、運動の性質が変われば当然その結果にも変化が生じる。かくて吾々は常に吾々より更に高級にして叡智に富む神霊によって定められた法則に沿いつつ、意念をバイブレーションの動きに集中的に作用させて質の異なるバイブレーションに転換し、そこに変化を生じさせる。

 これを吾々は大体において段階的にゆっくりと行う。計画どおりの質的転換、大きすぎもせず小さすぎもしない正確な変化をもたらすためである。

 吾々が人間の行為ならびに自然界の営みを扱うのも実はこの方法によるのである。それを受持つ集団は鉱物・植物・動物・人間・地球・太陽・惑星の各分野において段階的に幾層にも別れている。更にその上に星辰の世界全体を経綸する神庁が控えている。

 混沌たる物質が次第に形を整え、天体となり、更にその表面に植物や動物の生命が誕生するに至るのも、全てこのエネルギーの転換による。が、これで判っていただけると思うが、いかなる生命も、いかなる発達も、すべて霊的存在の意志に沿った霊的エネルギーの作用の結果なのである。

この事実を掌握すれば、宇宙に無目的の作用は存在せず、作用には必ず意図がある───一定範囲の自由は許されつつも、規定された法則に従って働く各段階の知的にして強力な霊的存在の意図があることに理解がゆくであろう。

 更に、物質自体が実は霊的バイブレーションを鈍重なものに転換された状態なのである。それが今、地上の科学者によって分析されつつあり、物質とはバイブレーションの状態にあり、いかなる分子も静止しているものは無く、絶え間なく振動しているとの結論に到達している。

これは正解である。が、最終結論とは言えない。まだ物質を究極まで追跡しきってはいないからである。より正確に表現すれば、物質がバイブレーションの状態にあるのではなく、物質そのものが一種のバイブレーションであり、より精妙なバイブレーションの転換されたものである。その源は物質の現象界ではなく、その本性に相応しい霊界にある。

 これで貴殿も、いよいよその肉体を棄てる時が到来したとき、何の不都合もなく肉体なき存在となれることが理解できるであろう。地上の肉体は各種のバイブレーションの固まりに過ぎず、それ以上のものではないのである。

有難いことに今の貴殿にも肉体より一層実体のある、そして耐久性のある別のバイブレーションで出来た身体が具わっている。肉体より一段と精妙で、それを創造し維持している造化の根源により近い存在だからである。

その身体は、死後、下層界を旅するのに使用され、霊的に向上するにつれて、更に恒久性のある崇高な性質を帯びた身体へと転換される。この過程は延々と限りなく繰り返され、無限の向上の道を栄光よりさらに高き栄光へと進化してゆくのである。

 そのことは又、死後の下層界が地上の人間に見えないのと同じく、下層界の者には通常は上層界が見えないことも意味する。かくて吾々は一界また一界と栄光への道を歩むのである。

 まさしくそうである。貴殿もいつの日かこちらへ来れば、このことをより一層明確に理解するであろう。と申すのも、今述べたバイブレーションの原理も貴殿は日常生活において常時使用しており、他の全ての人間も同じく使用しているにも拘わらず、その実相については皆目理解していないからである。

吾らは持てる力を神の栄光と崇拝のために使用すべく、鋭意努力している。願わくば人間がその努力に一体となって協力してくれることが望ましい。

一丸となれば、善用も悪用も出来るその力が現在の人間の知識を遥かに超えたものであることを知るであろう。蠅や蟻の知能を凌ぐほどに。

 吾々は、有難いことに、知識と崇高さにおける進歩が常に対等であるように調整することが出来る。完璧とは言えないが、ある範囲内───広範囲ではあるが確固とした範囲内において可能である。もしも可能でないとしたら地上は今日見るが如きものでは有り得ず、また今ほどの秩序ある活動は見られないであろう。

 もっとも、これも人類に対する吾々の仕事の一側面に過ぎない。そして人間の未来に何が待ち受けているかは私にも何とも言えない。霊的真理の世界へこれより人類がどこまで踏み込むかを推測するほどには、私は先が見えない。まだその世界への門をくぐり抜けたばかりだからである。

が、大いなる叡智をもって油断なく見守る天使によっても、こののちも万事よきに計られるであろう。天使の支配のある限り、万事うまく行くことであろう。 ♰


Energy conversion  Tuesday, December 2, 1913

Tonight, let's take up some issues related to energy conversion. I would like you to understand that energy here is a medium for reflecting the action of the ideas of the upper world in the human mind.


We are training to pass through the middle world and deliver it to the earthly world by so-called vibration, using the action of our intention. What I call energy is the action of this vibration.


Now, as long as we use the terminology of the earth in this way, we must understand that we are using inappropriate means to accurately or fully express the science of heaven.


Therefore, of course, it becomes necessary to limit the meaning of the term. When I use the term vibration, I would like to think that it is not just a reciprocating vibration, but sometimes an elliptical motion, sometimes a spiral motion, and even these are intertwined and other elements are added.


From this point of view, the atomic structure of vibration, which has only recently begun to be revealed in the science of the human world, is the same as the organization of the solar system and even the organization of celestial bodies far away.


Both the movement of the earth around the sun and the movement of elementary particles in the atom are vibrations.


The scale does not matter. That is, whether the radius of motion is minimal or maximal, it is essentially the same, only different in scale.


However, the conversion of energy brings about a change in motion in any tissue, and if the nature of motion changes, the result will naturally change. Thus, we always follow the rules set by the wisdom-rich spirit, which is even higher than us, and concentrates our thoughts on the movement of the vibration to transform it into a vibration of different quality, and change there. Cause.


We generally do this slowly in stages. This is to bring about a qualitative change as planned, an accurate change that is neither too big nor too small.


It is actually this method that we deal with human actions and activities in the natural world. The group responsible for it is divided into layers in stages in the fields of minerals, plants, animals, humans, the earth, the sun, and planets. On top of that, there is a shrine that runs through the entire world of Hoshitatsu.


It is all due to this energy conversion that the chaotic substances gradually shape and become celestial bodies, and the life of plants and animals is born on the surface. But, as you can see, any life, any development, is the result of the action of spiritual energy in line with the will of the spiritual being.


If you grasp this fact, there is no purposeless action in the universe, and there is always an intention in the action ─── While a certain range of freedom is allowed, it makes each stage of intelligence that works according to the prescribed law. It will be understood that there is an intention of a powerful spiritual being.

Furthermore, the substance itself is actually in a state where spiritual vibration has been converted into a dull one. It is now being analyzed by scientists on the ground, and we have come to the conclusion that matter is in a state of vibration, no molecule is stationary, and it is constantly vibrating.


This is the correct answer. However, it cannot be said to be the final conclusion. This is because the substance has not been traced to the ultimate. To be more precise, the substance itself is not a state of vibration, but the substance itself is a kind of vibration, which is a more subtle transformation of vibration. The source is not in the phenomenon world of matter, but in the spirit world suitable for its nature.


With this, you can understand that when it is finally time to abandon the body, you can become a bodyless existence without any inconvenience. The body on the ground is nothing more than a mass of various vibrations.


Thankfully, you now have a body made of another vibration that is more substantive and durable than the physical body. This is because it is more delicate than the physical body and is closer to the source of the creation that creates and maintains it.


After death, the body is used to travel the lower world, and as it improves spiritually, it transforms into a more permanent and sublime body. This process is repeated endlessly, evolving the path of infinite improvement to glory higher than glory.


It also means that the lower world is not normally visible to those in the lower world, just as the lower world after death is invisible to humans on earth. Thus, we are on the path to glory with one world and another.


That's right. If you come here someday, you will understand this even more clearly. I say that because you use the principle of vibration just mentioned all the time in your daily life, and even though all other human beings use it as well, you do not understand the actual situation at all. be.


We are working diligently to use our powers for the glory and worship of God. Hopefully humans will work together to help with that effort.


Together, we will know that the power of good and bad use far exceeds the knowledge of human beings today. To the extent that it surpasses the intelligence of flies and ants.


Thankfully, we can adjust our progress in knowledge and sublime to be always equal. It's not perfect, but it's possible within a certain range-a wide range but a solid range. If it weren't possible, the earth wouldn't be as we see it today, and we wouldn't see as much orderly activity as it does now.


However, this is just one aspect of our work for humankind. And I can't say what lies ahead in the future of human beings. I can't see the future enough to guess how far humanity will step into the world of spiritual truth. This is because they have just passed through the gate to the world.


However, everything will be well-measured by an angel who watches with great wisdom. As long as there is angelic rule, everything will go well. ♰

Monday, November 22, 2021

シアトルの晩秋 小さな生命のともしびが粗末な肉体の中でチラチラと輝いてはいますが、The light of a small life shimmers in a poor body,





人間にとって死は恐怖の最たるもののようです。が実は、人間は死んで初めて生きることになるのです。あなた方は自分では立派に生きているつもりでしょうが、実際にはほとんど死んでいるのも同然です。 
霊的なものに対しては死人のごとく反応を示しません。小さな生命のともしびが粗末な肉体の中でチラチラと輝いてはいますが、霊的なことには一向に反応を示しません。ただ、徐々にではあっても成長はしています。 
私たちの働きかけによって、霊的な勢力が物質界に増えつつあります。霊的な光が広まれば、当然暗闇が後退していきます。

―霊界はたった一つだけですか。

霊の世界は一つです。しかし、その表現形態は無限です。地球以外の天体にもそれぞれに霊の世界があります。 
物的表現の裏側にはかならず霊的表現があるのです。その無限の霊的世界が二重三重に入り組みながら全体として一つにまとまっているのが宇宙なのです。あなた方が知っているのは、その中のごく一部です。知らない世界がまだまだ幾らでも存在します。

―その分布状態は地理的なものですか。

地理的なものではありません。精神的発達の程度に応じて差が生じているのです。もっとも、ある程度は物的表現形態による影響を受けます。

―ということは、私たち人間の観念で言うところの「界層」もあるということでしょうか。

その通りです。物的条件によって影響される段階を超えるまでは、人間が考えるような「地域」や「界層」が存在すると思ってよろしい。

   シルバーバーチ 





Death seems to be the greatest fear for humans. However, in reality, human beings live only after they die. You think you're alive, but in reality you're almost dead. It does not react to spiritual things like a dead person. The light of a small life shimmers in a poor body, but it does not react to spiritual things at all. However, it is growing, albeit gradually. Through our efforts, spiritual forces are increasing in the physical world. If the spiritual light spreads, the darkness will naturally recede. 
-Is there only one spirit world?

The spiritual world is one. However, the form of expression is infinite. Each celestial body other than the earth has its own spiritual world. There is always a spiritual expression behind the physical expression. It is the universe that the infinite spiritual world is united as a whole while being intertwined in double and triple. You know only a few of them. There are still many unknown worlds.

-Is the distribution state geographical?

It's not geographical. There is a difference depending on the degree of mental development. However, it is influenced to some extent by the form of physical expression.

-Does that mean that there is also a "plane" in our human idea?

That's right. It is safe to assume that there are "regions" and "planes" that humans think of, until the stage is affected by physical conditions.

   Silver Birch 

シアトルの晩秋 霊と魂 Spirit and soul



霊と魂

―人間の物的身体をコントロールしている魂はどこに位置しているのでしょうか。

どこそこにということは言えません。これが魂ですと言える性質のものではないのです。科学者は肉体を解剖すれば発見できるはずだとか、静脈を通って流れているに違いないとか、どこかの臓器から分泌されているのだろうなどと考えているようですが、魂は肉体のどこそこにあると言える性質のものではありません。

―でも肉体の内部にあることは間違いないでしょう?

魂は内部にあるとか外部にあるとか言える性質のものではありません。空間的な“場”をもつものではないのです。魂とは意識のことです。身体という“もの”に制約されるものではありません。無限の広がりをもつと同時に、進化の極地にまで存在するものです。霊的身体で遠隔の地にまで至る時、意識はどこにあるのでしょう? そう言うとあなた方は地上の距離感覚で想像なさることでしょうが、私たちにはそういう面倒がありません。魂に空間はありません。私たちの意識(魂)は意思のおもむくままに、どこででも機能します。

―「魂」(ソウル)と「霊」(スピリット)はどう違うのでしょうか。

私自身はどう呼ぶかはこだわりません。地上の字引は私がこしらえたわけではありません。私のいうソウルとは内部に潜在する大霊のことです。スピリットとはそれが顕現するための媒体です。が、用語は使う人によって別の意味に使われるものです。

―“顕現の媒体”という表現はさておいて、霊の本質は何なのでしょうか。

大霊、あなた方のいうゴッドの一部で、次々と身体(媒体)を替えながら、無限の向上を続けて行く存在です。それは媒体を通して顕現して初めて存在が知れるもので、顕現しない状態の霊について叙述することは不可能です。

―コンシャンス(良心・道義心)とは何でしょうか。

正しいことと間違ったこととを見分ける魂の感覚のことです。自分の霊的進化にとってどちらが好ましいかを計るバランス感覚と言ってもよろしい。魂の指針です。

シルバーバーチ


Spirit and soul

-Where is the soul that controls the human physical body located?

I can't say where it is. This is not something that can be called a soul. Scientists seem to think that it should be discovered by dissecting the body, that it must be flowing through veins, that it is secreted from some organ, but the soul is the body. It is not something that can be said to be anywhere in the world.


-But there is no doubt that it is inside the body, isn't it?

The soul is not of a nature that can be said to be inside or outside. It does not have a spatial "place". The soul is consciousness. You are not restricted by the "things" of your body. At the same time as having infinite expanse, it exists even in the polar regions of evolution. Where is consciousness when the spiritual body reaches a remote place? If you say so, you can imagine it with a sense of distance on the ground, but we do not have such trouble. There is no space in the soul. Our consciousness (soul) works everywhere, at will.


-What is the difference between "soul" (soul) and "spirit" (spirit)?

I don't care what I call it. I didn't make the text on the ground. My soul is a ghost that is latent inside. Spirit is the medium for it to manifest. However, the term is used in a different meaning depending on the user.


-Aside from the expression "medium of manifestation," what is the essence of the spirit?

The spirit, a part of what you call God, is an entity that continues to improve infinitely while changing its body (medium) one after another. It is only known to exist through the medium, and it is impossible to describe a spirit that is not manifested.


-What is consciousness (conscience / morality)?

It is the sense of the soul that distinguishes between what is right and what is wrong. It can be said that it is a sense of balance that measures which is preferable for one's spiritual evolution. It is a guideline for the soul.-Where is the soul that controls the human physical body located?

I can't say where it is. This is not something that can be called a soul. Scientists seem to think that it should be discovered by dissecting the body, that it must be flowing through veins, that it is secreted from some organ, but the soul is the body. It is not something that can be said to be anywhere in the world.


-But there is no doubt that it is inside the body, isn't it?

The soul is not of a nature that can be said to be inside or outside. It does not have a spatial "place". The soul is consciousness. You are not restricted by the "things" of your body. At the same time as having infinite expanse, it exists even in the polar regions of evolution. Where is consciousness when the spiritual body reaches a remote place? If you say so, you can imagine it with a sense of distance on the ground, but we do not have such trouble. There is no space in the soul. Our consciousness (soul) works everywhere, at will.


-What is the difference between "soul" (soul) and "spirit" (spirit)?

I don't care what I call it. I didn't make the text on the ground. My soul is a ghost that is latent inside. Spirit is the medium for it to manifest. However, the term is used in a different meaning depending on the user.


-Aside from the expression "medium of manifestation," what is the essence of the spirit?

The Great White Spirit, a part of what you call God, is an entity that continues to improve infinitely while changing its body (medium) one after another. It is only known to exist through the medium, and it is impossible to describe a spirit that is not manifested.


-What is consciousness (conscience / morality)?

It is the sense of the soul that distinguishes between what is right and what is wrong. It can be said that it is a sense of balance that measures which is preferable for one's spiritual evolution. It is a guideline for the soul.

Silver Birch

Wednesday, November 10, 2021

シアトルの秋 人のために役立とうと心掛ける人に    As I have always said to those who try to be useful for others,



 物質界は生活の一側面にすぎません。あなたの生活の全体ではないのです。人間の多くが悩みが絶えないのは、無意識の内に物質の世界にのみ生きていると思い込んでいるからです。本当はあなた方と私とは同じ宇宙の中に存在するのです。
霊界と地上とが水も漏らさぬように区別されているのではありません。互いに融合し合い調和し合っています。死ぬということは物的身体による認識をやめて霊的身体によって魂の別の側面を表現し始めるということに過ぎません。

 あなた方が直面する悩みごとは私にもよく分かっております。しかし霊的知識を有する者はそれを正しく運用して、物的要素に偏らないようにならなければなりません。霊的要素の方に比重を置かなければいけないということです。

正しい視野に立って考察すれば、焦点を正しく定めれば、日常生活での心の姿勢さえ正しければ、物的要素に対して最小限度の考慮を払い、決して偏ることはないでしょう。そうなれば霊的自我が意のままに働いてあなたを支配し、生活全体を変革せしめるほどの霊力が漲り、ついには物的要素に絶対に動かされない段階にまで到達することでしょう。

 永遠なるものを日常の出来ごとを基準にして判断しても駄目です。あなた方はとかく日常の精神によって色づけされた判断、つまり自分を取りまく環境によって判断を下しがちです。

そして、それまで成就してきた成果の方は忘れがちですが、これは物質の中に閉じ込められ、朝目を覚ました瞬間から夜寝るまで日常的問題に追いまくられているからです。

今と昔を較べるために過去のページを繙いてごらんなさい。そこに背後霊による指導のあとがありありと窺えるはずです。霊的知識に恵まれた者は決して首をうなだれることなく、脇目も振らず前向きに進めるようでなくてはなりません。背後霊は決して見捨てないことをご存じのはずです。 

人間が神に背を向けることはあっても、神は決して人間に背を向けることはありません。無限の可能性を秘めたこの大宇宙の摂理と調和した生活を営んでさえいれば、必要な援助は必ず授かります。これは決して忘れてはならない大切な真理です。

 霊の世界の存在を知った者は、より大きな生活の場をかいま見たことになります。宇宙の構造の内奥に触れたが故に無責任なことができなくなります。置かれた世界に対する義務と責任をいっそう自覚するからです。決してそれを疎かにせず、また物的なことに心を奪われたり偏ったりすることもありません。

安全も援助も全て〝霊〟の中に見出すことができます。地上の全ての物的存在も、あなた方の身体も、霊の顕現であるからこそ存在し得るのです。

 この真理があなたの生活を支配しはじめた時、それに伴う内的静寂と冷静さが生まれ、日常生活の一つひとつに正しい認識を持つことができるようになります。あほらしく思えていい加減に処理したり、義務を怠るようになると言っているのではありません。

私が申し上げたいのは、そうした知識を手にした人でも、ややもすると日常生活の基盤である霊的真相を忘れてしまいがちであるということです。

霊的な目で日常生活を眺め、その背後に霊的基盤があることを忘れずにいれば、最大の敵であるところの取り越し苦労と決別できるようになります。知識は我身を守る鎧です。不安は魂を蝕み錆つかせます。

 もしも神が私に何か一つあなた方へプレゼントすることを許されたとしたら、私が何よりも差し上げたいと思うのは〝霊的視力〟です。この薄暗い地上に生きておられるあなた方を私は心からお気の毒に思うのです。

あなた方は身の回りの見えざる世界の輝きがどれほど素晴らしいものかをご存知ない。宇宙の美しさがご覧になれない。物質という霧が全てを遮断しています。

それはちょうど厚い雲によって太陽の光が遮られているようなものです。その輝きを一目ご覧になったら、この世に悩みに思うものは何一つ無いことを自覚される筈です。

 私たちは法則と条件による支配を受けます。その時々の条件に従って能力の範囲内のことをするほかはありません。が、目に見えようと見えまいと、耳に聞こえようと聞こえまいと、手に触れられようと触れられまいと、あなた方を導き、援助し、支えんとする力が常に存在します。

人のために役立とうと心掛ける人に私はいつも申し上げてきたことですが、見通しがどんなに暗くても、いつかは必ず道は開けるものです。

   シルバーバーチ 





The material world is just one aspect of life. It's not the whole of your life. Many humans are constantly worried because they unknowingly believe that they live only in the physical world. The truth is that you and I are in the same universe.


There is no distinction between the spirit world and the earth so that water does not leak. They are fused and harmonious with each other. To die is nothing more than to stop the physical perception and begin to express another aspect of the soul with the spiritual body.


I am well aware of the worries you face. But those with spiritual knowledge must operate it properly and not be biased towards physical factors. It means that we have to put more weight on the spiritual element.


If you think from the right perspective, if you focus correctly, and if you have the right attitude in your daily life, you will pay the least amount of consideration to physical factors and will never be biased. Then the spiritual ego will work at will, control you, and have enough spiritual power to transform your entire life, until you reach a stage where you are never moved by physical elements.


It is no good to judge eternal things based on daily events. You tend to make judgments that are colored by the spirit of everyday life, that is, the environment that surrounds you.


And it's easy to forget the achievements that have been achieved up to that point, because they are trapped in matter and are chased by everyday problems from the moment they wake up in the morning until they go to bed at night.


Look at the past pages to compare the present with the past. You can see that there is a trail of guidance from the spirit behind it. Those who are blessed with spiritual knowledge must never sway their heads and move forward without shaking their eyes. You know that the spirits behind you never abandon. Twice


Although humans can turn their backs on God, God never turns their backs on humans. As long as you live in harmony with the providence of this cosmos, which has infinite possibilities, you will surely receive the necessary assistance. This is an important truth that must never be forgotten.


Those who knew the existence of the spiritual world would have peeked at a larger place of life. You can't be irresponsible because you touched the inner part of the structure of the universe. We are more aware of our obligations and responsibilities to the world in which we are placed. You will never neglect it, and you will not be fascinated or biased by physical things.


All safety and assistance can be found in the "spirit". All physical beings on earth, as well as your body, can exist because they are manifestations of the spirit.


When this truth began to dominate your life, the internal silence and calm that accompanies it will be born, and you will be able to have a correct recognition of each and every one of your daily lives. I'm not saying that you'll be sloppy or neglect your obligations.


I would like to say that even those who have such knowledge tend to forget the spiritual truth that is the basis of their daily lives.


If you look at your daily life with a spiritual eye and remember that there is a spiritual foundation behind it, you will be able to break away from the hardships of your greatest enemy. Knowledge is the armor that protects you. Anxiety erodes and rusts the soul.


If God allowed me to give you something, what I would like to give you more than anything else is "spiritual vision". I am deeply sorry for you living on this dim earth.


You don't know how wonderful the brilliance of the invisible world around you is. I can't see the beauty of the universe. The mist of matter blocks everything.


It's just like thick clouds blocking the sun's rays. If you look at the brilliance at a glance, you should realize that there is nothing to worry about in this world.


We are governed by laws and conditions. There is no choice but to do things within the range of ability according to the conditions at that time. But whether you are visible or invisible, audible or audible, touched or touched, there is always the power to guide, assist and support you.


As I have always said to those who try to be useful for others, no matter how bleak the outlook, one day it will always open the way.

          Silver Birch